☆新メニュー誕生☆

皆様、こんにちは!

本日はタイトルにあるように、新メニューのご紹介です

 

従来のメニューは、

『キャビテーション+スーパーセルㇺ+EMS』を中心としたボディ・脚痩せのコース

だったのですが、今回新たに出来たコースが、

『セルフキャビテーション+EMS+下半身のエアーマッサージ』を使った

くびれ・美脚スペシャルコース》

となります。

 

料金は『60分4000円』という破格の値段!!

 

内容はというと↓↓↓↓

始めに、お腹や脚の気になる部分の脂肪と筋肉にEMSで30分間刺激をいれ、その後、特殊な機械で腰~脚全体に空気圧をかけて下半身を絞ります。

最後にご自身で気になる部位にキャビテーションをかけて頂き、脂肪を溶かし出していきます。

 

自分でキャビテーションなんて出来るの?と思われるでしょう。

それが、、、、

 

出来るんです!

 

やり方は簡単

→西船橋のエステティックサロン トータルボディケアPaRa(パラ)はこちら

お風呂で進む乾燥肌

皆様お元気ですか!?

ひさしぶりの更新となってしまいました(^▽^;)

だんだん朝晩の冷えがキツくなってきましたね。

お客様の中でも、寒いから熱いお風呂で身体を温めてます、という方がいらっしゃるのですが、それ、要注意ですよ!

確かに身体は温まるのですが、熱いお風呂に長く浸かってしまうと肌の乾燥に繋がってしまうのです(>_<)

結構、お風呂で潤うと思われてる方、多いんですよ。

熱めのお湯だと身体の油分が熱で奪われてしまうので、40℃位のお湯に10分程浸かるようにしましょう。

また、そのままだと汗などで水分が蒸発してしまう為、お風呂上りはすぐにクリームで保湿するように気を付けます。

ただし、温めのお湯で20分程浸かると副交感神経が優位になり、リラックス効果が得られるので、『ストレスが溜まってイライラする時』『寝つきが悪い時』は敢えて少し長めのお湯に浸かってみましょう。

保湿は忘れずに!!

→西船橋のエステティックサロン トータルボディケアPaRa(パラ)はこちら

ゆで卵でダイエット

今日皆様にお話したいダイエット法は

『ゆで卵』です!

私は普通のゆで卵として食しているのですが、ゆで卵でダイエットも出来るのです。

やり方は簡単!

一日三食、『ゆで卵を三個ずつ』『主食』として、サラダ、油の無いお肉(ささみなど)を少量食べるもの。

『単に一食のカロリーが少ないだけだろ!』
とお思いの方。

確かに、カロリー自体も抑えられているのですが、卵にはたんぱく質の消化に必要なエネルギーの代謝を促すビタミンB2・12の含有量が多く、胃腸の動きが活発になり、消化するエネルギーが大きくなります。

の為、卵一つ消費するカロリーは、卵自体のカロリーよりも上回るので、食べるだけ痩せやすくなるのです。

 

注目すべき点はビタミンC以外の栄養素のほぼ全てが含まれていることです!

素晴らしいですね。

万能食材!

 

けれど、昔から、『卵はコレステロール値が高い』とよく言われ、敬遠しがちになっている方も多いと思います。

しかし!

実は卵にはコレステロールを除去する作用のあるレシチンを多く含むため、血中のコレステロール値は上がらないのです。

コレステロールは低すぎると血管が破れやすくなるなどの症状も出やすくなる為、必要不可欠ではあるのです。

食べ過ぎなければ、一日一個以上食べても問題ありません。

加熱の前後では栄養素はほとんど変わらないのですが、唯一、殺菌効果のある『リゾチーム』という成分が熱で破壊されてしまうため、加熱後のゆで卵の方が腐りやすいので要注意!

 

・・・オススメしておいてなんですが、このダイエット法だと、栄養が偏りやすくなってしまうのが難点です。

ですので、実践するときは週末だけにする、もしくは、一~二週間の短期間に抑えた方が良いでしょう。

→西船橋のエステティックサロン トータルボディケアPaRa(パラ)はこちら

ダイエットの敵 むくみ

皆様、こんにちは!

一日の寒暖の差で体調を崩される方が多くなっています。

皆様は大丈夫でしょうか。

さて、今、寒さで運動をする気が無くなってしまい、ここ最近むくみが酷くなってきたとのお話を聞く事が多々あります。

むくんだ状態を放っておくと、運動しても筋肉が付きにくく、脂肪が付きやすくなります。

そもそも、むくみとはなぜ起こるのでしょうか。まず、『むくみ』とは、血中の水分が染み出して、顔や足といった部分の皮膚の下に溜まってしまい、パンパンになってしまう症状の事です。

そう、原因は水分なのです。

通常、汗や尿・便によって排出されるべき血中の水分が、
・汗をかくほど動かなくなった
・仕事中にトイレに行く事が少なくなった
・運動不足で腹筋が落ちてしまい、便秘になってしまった

といった事で、なかなか排出出来ずに水分過多になってしまっている事が多いです。

また、仕事や家事などで長時間同じ姿勢が続くと、重力によよって下半身に落ちた水分が溜まってしまう、という事もあります。

特に女性は男性に比べて筋力が少ないので、リンパ管に老廃物をスムーズに流す事が出来なくなってしまっているのです。

夕方にブーツがきつくなったり、指で押した部分が凹んだまま戻りづらいといった症状がある方は注意が必要です。

だからといって水分を摂らなけばいいというものではありません。

水分を摂らないようにしてしまうと、血流が悪くなってしまったり、脱水症状が起こってしまったりと、身体にとって悪いことだらけです。

気を付けましょう。

さて、むくみの改善には身体を冷やさない事が重要なのですが、外側から温めるだけでは不十分!

なかなか芯まで温まらないので、白湯やお茶などをなるべく口にして、内臓が温まるようにしましょう。

内臓が温まると、血流が改善して、冷え性もよくなりますよ!

また、お風呂上りに股関節を柔らかくしておくと、水分・老廃物が正常に流れやすくなります。

むくみを取るだけでも2~3センチ細く見えるので、ストレッチも加えてケアを怠らないようにしましょう。

→西船橋のエステティックサロン トータルボディケアPaRa(パラ)はこちら

『空腹』の正体

ダイエット中の『空腹』とはなにか。

お腹が空いてしまうメカニズムを説明致します。

 

お腹が空いてしまうのは、胃に何も入っていないからではなく、血液中の糖質『血糖値』が減ってしまったサインなのです。

最後の食事後、一定の時間が経過すると、脳が「血糖値が下がったよ!」と指令を出すんですね。

 

一般的に、脳は糖質しか使わないと言われています。

なので、唯一の栄養素である糖質が足りなくなってくると、動きが鈍くなり、慌てて信号を出します。

 

その信号がそう、『空腹』です。

 

食事をしないだけでなく、飲酒時や入浴時にも血糖値は下がります。

“糖質をそのまま摂らないとどうなっちゃうの?”

低下状態が続くと手足の震えや動悸などが起こりやすく、ひどくなると、中枢神経が機能低下を起こし、めまいや痙攣を起こします。

もちろん、ひどい空腹にも襲われます。

“じゃあ、糖を常に摂り続けていればいいんだ!”

ーー・・・となると話はまた違ってきてしまい、血糖値が高い状態が続いてしまうと、血管がボロボロになり切れやすくなったり、皆さんもご存じの『糖尿病』にもなる可能性があります。

 

なので、ダイエット中、空腹時は我慢ばかりでなく、飴やガムといったもので糖を少し摂取しておきましょう。

 

ダイエットは健康的に行わないと意味がありませんよ!

→西船橋のエステティックサロン トータルボディケアPaRa(パラ)はこちら